TAVI、カテーテル治療の多施設レジストリー研究グループ『OCEAN-SHD研究会』
Optimized CathEter vAlvular iNtervention Structual Heart Disease

facebook

メンバー

慶應義塾大学

TAVI
Mitral
LAAC

慶應義塾大学病院では、日本で初めてTAVI指導医資格を取得した林田健太郎医師を中心に、2013年より年間約150〜200症例のTAVI治療(経カテーテル大動脈弁留置術)を行っています。穿刺法と局所麻酔を使用した、患者さんの体に優しい「超低侵襲TAVI」を推進しています。また臨床研究中核病院にも認定され、臨床治験(僧帽弁のカテーテル治療、透析患者へのTAVI治療、新しいTAVI人工弁 など)も数多く行なっています。また、総合病院ですので高齢者にありがちな心臓以外の併存症にも十分かつ迅速な対応をすることが可能です。
慶應義塾大学病院では、ハートチーム(循環器内科・心臓外科・麻酔科・放射線科・看護師・臨床工学技士など多職種からなる心臓治療のチーム)を組んで、患者さんへ安心できる、最高レベルの医療を提供しています。お困りのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談・ご連絡下さい。

img_hayashida

林田 健太郎Kentaro HAYASHIDA

OCEAN-SHD 研究会 / 代表理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
慶應義塾大学 循環器内科

2000年
慶應義塾大学医学部卒業
2004年
足利赤十字病院循環器内科
2007年
慶應義塾大学医学部循環器内科助教
2009年
杏林大学医学部第二内科助教
2009年
Institut Cardiovasculaire Paris Sud留学
2012年
TAVI指導医資格取得
2012年
慶應義塾大学医学部循環器内科特任助教
2013年
慶應義塾大学医学部循環器内科特任講師
2014年
慶應義塾大学医学部循環器内科専任講師
2019年
慶應義塾大学医学部循環器内科特任准教授

  • 八島 史明Fumiaki YASHIMA

    OCEAN-SHD 研究会 / 監事 / 事務局長
    慶應義塾大学 循環器内科

  • 猪原 拓Taku INOHARA

    デューク大学

  • 田中 誠Makoto TANAKA

    慶應義塾大学 循環器内科

  • 吉島 信宏Nobuhiro YOSHIJIMA

    慶應義塾大学 循環器内科

  • 長谷 啓Hiromu HASE

    慶應義塾大学 循環器内科

  • 齋藤 哲也Tetsuya SAITO

    慶應義塾大学 循環器内科

  • 鶴田 ひかるHikaru TSURUTA

    慶應義塾大学 循環器内科

  • 中川 泉Izumi NAKAGAWA

    慶應義塾大学 コーディネーター

  • 明神 聡介Sosuke MYOJIN

    慶應義塾大学 循環器内科

  • 小張 祐介Yusuke KOBARI

    慶応義塾大学 循環器内科

  • 竜﨑 俊亘Toshinobu RYUZAKI

    慶応義塾大学 循環器内科

  • 髙橋 辰郎Tatsuo TAKAHASHI

    慶応義塾大学 心臓血管外科

  • 後藤 信一Shinichi GOTO

    慶応義塾大学 循環器内科

  • 今枝 昇平Shohei IMAEDA

    慶応義塾大学 循環器内科

豊橋ハートセンター / 名古屋ハートセンター / 岐阜ハートセンター

TAVI
Mitral
LAAC

豊橋ハートセンターは、循環器疾患を治療する専門病院として、日本初のハートセンターを称号して開設されました。カテーテルインターベンションのスペシャリストが数多く在院しております。関連病院である名古屋ハートセンター・岐阜ハートセンターも、心臓に特化した専門治療を提供することが可能です。中部地区で、心臓疾患でお困りの患者様がいらっしゃれば、是非ともお気軽にご相談下さい。

img_yamamoto

山本 真功Masanori YAMAMOTO

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
豊橋、名古屋ハートセンター 循環器内科

2003年
日本医科大学卒
2003年
日本医科大学千葉北総病院研修医
2005年
日本医科大学千葉北総病院循環器内科
2011年
パリ12大学付属アンリーモンドール病院
2012年
日本医科大学千葉北総病院集中治療室
2013年
豊橋ハートセンター

大切なことは、足跡ではなく足そのもの、日進月歩の循環器治療に、全力で取り組んで行きたいです

  • 辻本 悟史Satoshi TSUJIMOTO

    名古屋ハートセンター 循環器内科

  • 清水 一生Kazuki SHIMIZU

    豊橋ハートセンター 放射線科

  • 山口 遼Ryo YAMAGUCHI

    豊橋ハートセンター 循環器内科

  • 足立 優也Yuya ADACHI

    豊橋ハートセンター 循環器内科

  • 綱木 達哉Tatsuya TSUNAKI

    豊橋ハートセンター 放射線部

  • 佐合 満Mitsuru SAGO

    豊橋ハートセンター 臨床工学部門

  • 加賀瀬 藍Ai KAGASE

    名古屋ハートセンター 循環器内科

  • 志村 徹郎Tetsuro SHIMURA

    岐阜ハートセンター 循環器内科

  • 小山 裕Yutaka KOYAMA

    岐阜ハートセンター 心臓血管外科

  • 小林 俊博Toshihiro KOBAYASHI

    名古屋ハートセンター 放射線科

  • 柴田 賢一Kenichi SHIBATA

    名古屋ハートセンター リハビリテーション部

  • 徳田 尊洋Takahiro TOKUDA

    名古屋ハートセンター 循環器内科

  • 坂倉 徳哉Tokuya SAKAKURA

    名古屋ハートセンター 放射線科

  • 川端 良拓Ryoutaku KAWAHATA

    名古屋ハートセンター 放射線科

  • 西尾 皓人Hiroto NISHIO

    名古屋ハートセンター 臨床工学部門

小倉記念病院

TAVI
Mitral
LAAC
img_shirai

白井 伸一Shinichi SHIRAI

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
小倉記念病院 循環器内科

1995年
京都大学卒業
1995-1996年
京都大学老年科
1996-1998年
大阪赤十字病院 内科レジデント、救急部レジデント
1999年
小倉記念病院 循環器内科
2013年
小倉記念病院 循環器内科部長

  • 磯谷 彰宏Akihiro ISOTANI

    小倉記念病院 循環器内科

  • 川口 朋宏Tomohiro KAWAGUCHI

    小倉記念病院 循環器内科

  • 林 昌臣Masaomi HAYASHI

    小倉記念病院 循環器内科

  • 新井 善雄Yoshio ARAI

    小倉記念病院 心臓血管外科

  • 谷口 智彦Tomohiko TANIGUCHI

    小倉記念病院 循環器内科

  • 伊藤 慎八Shinya ITO

    小倉記念病院 循環器内科

  • 石津 賢一Kenichi ISHIZU

    小倉記念病院 循環器内科

  • 藤岡 慎平Shimpei FUJIOKA

    小倉記念病院 循環器内科

  • 森 信太郎Shintaro MORI

    小倉記念病院 循環器内科

  • 森永 崇Takashi MORINAGA

    小倉記念病院 循環器内科

  • 福永 真人Masato FUKUNAGA

    小倉記念病院 循環器内科

帝京大学

TAVI
Mitral
LAAC

帝京大学病院は東京23区の北部に位置します。当院のハートチームの特色は垣根のない和気あいあいとしたハートチームです。メンバーは全員やる気にあふれ、日本から新しい知見を発信しようという目的の下に一丸となっています。

img_watanabe

渡邊 雄介Yusuke WATANABE

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
帝京大学 循環器内科

2003年
筑波大学卒業
2003年
災害医療センター臨床研修医
2005年
榊原記念病院循環器内科レジデント
2009年
榊原記念病院循環器内科医員
2011年
Institut Cardiovasculaire Paris Sud, Clinical Fellow
2013年
帝京大学医学部循環器内科 助教
2017年
帝京大学循環器内科 講師

人を相手にせず、天を相手にせよ。
天を相手にして己を尽くし、
人を咎めず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし。
(西郷隆盛『南洲翁遺訓』 )

  • 片山 大河Taiga KATAYAMA

    帝京大学 循環器内科

  • 高村 慎太郎Shintaro TAKAMURA

    帝京大学 循環器内科

  • 佐々木 和哉Kazuya SASAKI

    帝京大学 循環器内科

  • 行光 望Nozomu YUKIMITSU

    帝京大学 循環器内科

  • 山本 裕貞Hirosada YAMAMOTO

    帝京大学 循環器内科

  • 奈良 有吾Yugo NARA

    帝京大学 循環器内科

  • 日置 紘文Hirofumi HIOKI

    帝京大学 循環器内科

  • 片岡 明久Akihisa KATAOKA

    帝京大学 循環器内科

  • 川嶋 秀幸Hideyuki KAWASHIMA

    帝京大学 循環器内科

  • 名倉 福子Fukuko NAGURA

    帝京大学 循環器内科

  • 中島 真Makoto NAKASHIMA

    帝京大学 循環器内科

  • 伊藤 真輝Masaki ITO

    帝京大学 循環器内科

  • 石橋 瑠璃Ruri ISHIBASHI

    帝京大学 循環器内科

  • 西川 淳一Junichi NISHIKAWA

    帝京大学 心臓リハビリテーションセンター

  • 井関 洋成Yosei ISEKI

    帝京大学 循環器内科

  • 野村 高広Takahiro NOMURA

    帝京大学 循環器内科

新東京病院

TAVI
Mitral
LAAC
img_naganuma

長沼 亨Toru NAGANUMA

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
新東京病院 心臓内科

2004年
山口大学卒業
2004-2006年
広島市立安佐市民病院 初期臨床研修医
2006-2009年
広島市立安佐市民病院 循環器科後期研修医
2009-2012年
新東京病院循環器科
2012-2014年
San Raffaele Scientific Institute, EMO-GVM Centro Cuore Columbus, Milan, Italy
(Antonio Colombo医師の下に留学)
2014年-
新東京病院心臓内科
2016年-
新東京病院心臓内科部長

これまで日本は、デバイスラグ、英語力の低さ、臨床研究に対する消極的な姿勢などが問題となり、緻密な手技が得意な集団であるにも関わらず、インターベンション領域では諸外国の後塵を拝してきました。海外発のエビデンスについて議論するだけでなく、日本発のデータを世界に発信していきたいと考えています。我慢強さ、正確さ、協調性といった日本人特有の気質を生かしながら、皆で切磋琢磨して、しかも楽しく、もちろん一番は国内外の患者さんの為に!、頑張っていきたいと思います。

  • 三友 悟Satoru MITOMO

    新東京病院 心臓内科

  • 大西 宏和Hirokazu ONISHI

    新東京病院 心臓内科

  • 川本 浩禎Hiroyoshi KAWAMOTO

    新東京病院 心臓内科

  • 大野 由美子Yumiko OHNO

    新東京病院 心臓内科 (秘書)

  • 天野 辰哉Tatsuya AMANO

    新東京病院 心臓内科

済生会横浜市東部病院

TAVI
Mitral
LAAC

当院は横浜市の中核病院として、そして済生会の病院として、救命救急センター・集中治療センターなどを中心とした急性期医療および種々の高度専門医療を中心に提供する病院であります。このような急性期病院でありながら、当院には横浜市の政策的医療の一環としてハード救急も担う精神科、重症心身障害児(者)施設も併設されております。診療には疾患別センター制を導入しており、一人の患者さんの治療計画を立てるにあたって内科系と外科系の医師が常に連携し、最善の治療法を施行しております。

img_yamawaki

山脇 理弘Masahiro YAMAWAKI

OCEAN-SHD 研究会 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
済生会横浜市東部病院 循環器内科

1999年
鳥取大学医学部卒業 附属病院 研修医
2000年
山陰労災病院 内科
2001-2004年
鳥取大学医学部病態情報内科学 大学院
2004-2007年
鳥取大学医学部附属病院 循環器内科
2007-2012年
済生会横浜市東部病院心臓血管センター 循環器内科
2012年
オランダアカデミックメディカルセンター心臓カテーテル室
兼 ラドバウド大学ネイメーヘン医療センター・心肺センター勤務
2013年
済生会横浜市東部病院心臓血管センター 循環器内科 医長
2014年
済生会神奈川県病院 循環器科 医長 
兼 東京女子医大・早稲田大学連携先端生命医科学研究施設(TWIns)
共同先端生命医科学専攻大学院入学(2018年卒業)
2015年
済生会横浜市東部病院心臓血管センター 循環器内科 医長
2017年
済生会横浜市東部病院心臓血管センター 循環器内科 副部長
2020年
済生会横浜市東部病院心臓血管センター 循環器内科 部長

  • 本多 洋介Yohsuke HONDA

    済生会横浜市東部病院 循環器内科

  • 赤津 祐衣Yui AKATSU

    済生会横浜市東部病院 心臓血管センター (コーディネーター)

  • 牧野 憲嗣Kenji MAKINO

    済生会横浜市東部病院 循環器内科

  • 中野 考英Takahide NAKANO

    済生会横浜市東部病院 循環器内科

  • 飯田 泰功Yasunori IIDA

    済生会横浜市東部病院 心臓血管外科

仙台厚生病院

TAVI
Mitral
LAAC
img_tada

多田 憲生Norio TADA

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI)
仙台厚生病院 循環器内科

2003年
東北大学医学部卒業
2003-2005年
古川市立病院内科研修
2005-2006年
仙台厚生病院循環器科後期研修
2007-2009年
Research Fellow, Interventional cardiac research Cedars-Sinai Medical Center, Los Angeles, CA USA
2009年
仙台厚生病院循環器科医師
2012年
仙台厚生病院循環器科医長

img_matsumoto

松本 崇Takashi MATSUMOTO

OCEAN-SHD 研究会 / PI (Mitral , LAAC)
仙台厚生病院 循環器内科

2006年
東北大学医学部卒業
2006-2007年
仙台厚生病院初期臨床研修
2008-2010年
仙台厚生病院循環器科後期研修
2011-2014年
Research Fellow, Interventional cardiac research Cedars-Sinai Medical Center, Los Angeles, CA USA
2014年
仙台厚生病院循環器科医師
2015年
仙台厚生病院循環器科医長

  • 宗久 佳子Yoshiko MUNEHISA

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 中嶋 正貴Masaki NAKASHIMA

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 宮坂 政紀Masaki MIYASAKA

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 遠田 佑介Yusuke ENTA

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 井上 新Arata INOUE

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 石井 和典Kazunori ISHII

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 野村 丈紘Takehiro NOMURA

    仙台厚生病院 循環器内科

  • 西願 誠Makoto SAIGAN

    仙台厚生病院 循環器内科

湘南鎌倉総合病院

TAVI
Mitral
LAAC

湘南鎌倉総合病院循環器科は、虚血性心疾患、末梢動脈閉塞症、不整脈を中心として、循環器病の多岐にわたる分野の診療を行っています。TAVI(経カテーテル的大動脈弁植え込み術)の分野では、日本国内数少ない治験施設として、初期よりその実施に当たってきました。当科は SAPIEN-XT、SAPIEN3、Core Valveについては既に豊富な植え込み経験を有し、さらに最新の機器である Lotus Valve20172についても治験による植え込みを行ってきました。年月からは、新たに世界最新鋭のハイブリッド手術室も稼働して、ますます安全で早い治療を提供可能な環境が整っています。

img_yamanaka_2

山中 太Futoshi YAMANAKA

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI)
湘南鎌倉総合病院 循環器科

長崎大学医学部卒業
2002-2005年
国立病院機構長崎医療センター
2005-2010年
国立循環器病センター心臓内科レジデント
2010-2015年
湘南鎌倉総合病院循環器科
2016-2017年
湘南鎌倉総合病院循環器科医長
2018年-
湘南鎌倉総合病院循環器科部長

患者さんにとって最適で、安全な医療を提供できるように心がけています。

img_mizuno

水野 真吾Shingo MIZUNO

OCEAN-SHD 研究会 / PI (Mitral , LAAC)
湘南鎌倉総合病院 循環器科

2002年
昭和大学 医学部卒業
2002年
岡崎市民病院
2005年
湘南鎌倉総合病院 循環器科
2012年
Brigham and Women’s Hospital (Boston, USA) Research fellow
2013年
湘南鎌倉総合病院 循環器科
2017年
湘南鎌倉総合病院 循環器科 部長

  • 宍戸 晃基Koki SHISHIDO

    湘南鎌倉総合病院 循環器科

  • 森山 典晃Noriaki MORIYAMA

    湘南鎌倉総合病院 循環器科

  • 落合 智紀Tomoki OCHIAI

    湘南鎌倉総合病院 循環器科

  • 山部 剛史Tsuyoshi YAMABE

    湘南鎌倉総合病院 心臓血管外科

  • 服部 滋Shigeru HATTORI

    湘南鎌倉綜合病院 心臓血管外科

  • 横山 裕章Hiroaki YOKOYAMA

    湘南鎌倉総合病院 循環器科

  • 横田 翔平Shohei YOKOTA

    湘南鎌倉総合病院 循環器科

  • 宮下 紘和Hirokazu MIYASHITA

    湘南鎌倉総合病院 循環器科

東京ベイ・浦安市川医療センター

TAVI

東京ベイ・浦安市川医療センターは、都内からすぐ近くの千葉県浦安市にある344床の総合病院です。大病院にはないスピーディな院内連携、心臓専門病院にはない様々な疾患・合併症に対応できる体制があります。年間100例以上のカテーテル弁膜症治療、年間500例以上の心臓・大動脈手術、年間1100例以上のカテーテル心臓治療(弁膜症のぞく)、年間1000例以上の経食道心エコー検査を行う全国有数のハートチームです。循環器内科医師、心臓血管外科医、麻酔科医、集中治療医、コメディカルが一体となって、患者さん一人一人に最適な循環器診療を行っています。

img_tabata_2

田端 実Minoru TABATA

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI)
東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科

1999年
東京大学医学部卒業
1999-2003年
東大病院・関連病院(一般外科研修)
2003-2004年
新東京病院心臓血管外科レジデント
2004-2007年
Brigham and Women’s Hospital(ハーバード大学教育病院)心臓外科フェロー
2007年
ハーバード大学公衆衛生大学院卒業
2007-2008年
コロンビア大学メディカルセンター心臓外科インストラクター
2008年
OLV Clinic低侵襲心臓手術フェロー
2009-2013年
榊原記念病院心臓血管外科 スタッフ外科医
2012年-現在
慶應義塾大学医学部 非常勤講師
2012年-現在
杏林大学医学部 非常勤講師
2013年-現在
東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科部長
2015年-現在
東京慈恵会医科大学 非常勤講師
2016年-現在
聖マリアンナ医科大学 非常勤講師
2019年-現在
虎の門病院 循環器センター外科特任部長

外科手術とカテーテル治療両方のエキスパートとして、心臓弁膜症治療の革新と発展に貢献していきます

  • 森村 隼人Hayato MORIMURA

    東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科

  • 加藤 奈穂子 Nahoko Kato

    東京ベイ・浦安市川医療センター 循環器内科

  • 小船井 光太郎Kotaro OBUNAI

    東京ベイ・浦安市川医療センター 循環器内科

  • 野口 将彦Masahiko NOGUCHI

    東京ベイ・浦安市川医療センター 循環器内科

  • 伊藤 丈二Joji ITO

    東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科

  • 村石 真起夫Makio MURAISHI

    東京ベイ・浦安市川医療センター 循環器内科

富山大学附属病院

TAVI
Mitral
LAAC

富山大学附属病院では、循環器内科・心臓血管外科・麻酔科に加えコメディカルスタッフから構成されるハートチームにより、診断から治療まで、病態だけではなく患者さんの日常の生活状態も考慮し、最善の治療法を選択しています。
2017年4月には循環器センターが設立され、組織としての体制が強化されます。今まで以上にチーム一丸となって、最適な治療を安全に提供していきます。
私たちは富山県において、心臓病の全てにわたり、最後の砦になります!

img_ueno

上野 博志Hiroshi UENO

OCEAN-SHD 研究会 / 理事/ PI (TAVI , Mitral , LAAC)
富山大学附属病院 第二内科

1997年
富山医科薬科大学 医学部卒業
2005年
富山医科薬科大学 大学院卒業
2005-2009年
射水市民病院 循環器科 副部長
2010-2013年
射水市民病院 循環器科 部長
2013-2014年
富山大学附属病院 循環器内科 診療助手
2014-2019年
富山大学大学院医学薬学研究部内科学第二 助教
2019年-
富山大学附属病院 第二内科 講師

”日々感思流汗之行”
<毎日、多くのことを感じ、いろんな事に思いをはせ、汗を流して努力をすれば、自ずと道(日々の臨床や研究)が開ける>

  • 福田 信之Nobuyuki FUKUDA

    富山大学附属病院 第二内科

  • 田中 修平Shuhei TANAKA

    富山大学附属病院 第二内科

  • 桑原 弘幸Hiroyuki KUWAHARA

    富山大学附属病院 第二内科

  • 小野田 寬Hiroshi ONODA

    富山大学附属病院 第二内科

  • 深原 一晃Kazuaki FUKAHARA

    富山大学附属病院 第一外科

  • 土居 寿男Toshio DOI

    富山大学附属病院 第一外科

  • 横山 茂樹Shigeki YOKOYAMA

    富山大学附属病院 第一外科

  • 傍島 光男Mitsuo SOBAJIMA

    富山大学附属病院 第二内科

  • 上野 陽平Yohei UENO

    富山大学附属病院 第二内科

  • 今村 輝彦Teruhiko IMAMURA

    富山大学附属病院 第二内科

  • 牛島 龍一Ryuichi USHIJIMA

    富山大学附属病院 第二内科

東海大学

TAVI
Mitral
LAAC

雄大なる丹沢大山の麓、神奈川県伊勢原市に位置する東海大学医学部附属病院は、全国に先駆けてドクターヘリを導入したことでも有名で、高度救命救急センターを擁し、集中治療ベッドが約80床あるので、循環器の救急患者も数多く集まってきます。TAVIは2017年より開始、年間100例程の治療を行っております。当院ハートチームの特徴は、職種を問わず気軽に意見を出し合える風通しのよい雰囲気と、治療の中心には常に患者さんがいるという患者中心医療の徹底的な実践です。TAVIのみならず、僧帽弁閉鎖不全症に対するMitraClip治療、脳梗塞予防治療(左心耳閉鎖や卵円孔開存閉鎖)についても質の高い治療を提供できる環境がありますので、是非お気軽にいつでもご相談ください。

img_ohno_06

大野 洋平Yohei OHNO

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
東海大学 循環器内科

2002年
慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部内科研修医
2004年
済生会宇都宮病院内科専修医
2005年
日野市立病院内科専修医
2006年
慶應義塾大学医学部循環器内科助教
2012年
東海大学医学部内科学系循環器内科学助教
2013年
University of Catania, Ferrarotto Hospital, Department of Cardiology,Clinical FellowとしてTAVIやMitraClipを学ぶ
2015年
TAVI指導医資格取得
東海大学医学部内科学系循環器内科学助教
2016年
東海大学医学部内科学系循環器内科学講師

個人のモットーは、”Where there is a will, there is a way(意志あるところに道あり)”です。
とにかくハートチームでは風通しのよいコミュニケーションを徹底しております。
患者さんの笑顔のためには努力を惜しまないメンバーばかりです!

  • 宮本 淳一Junichi MIYAMOTO

    東海大学 循環器内科

  • 村上 力Tsutomu MURAKAMI

    東海大学 循環器内科

  • 岡田 公章Kimiaki OKADA

    東海大学 心臓血管外科

  • 鳥居 翔Sho TORII

    東海大学 循環器内科

  • 棗田 誠Makoto NATSUMEDA

    東海大学 循環器内科

  • 田中 重光Shigemitu TANAKA

    東海大学 循環器内科

  • 伊地知 健Takeshi IJICHI

    東海大学 循環器内科

  • 堀之内 仁美Hitomi HORINOUCHI

    東海大学 循環器内科

  • 相原 一樹Kazuki AIHARA

    東海大学 循環器内科

  • 坂井 克彰Katsuaki SAKAI

    東海大学 循環器内科

  • 松本 新吾Shingo MATSUMOTO

    東海大学 循環器内科

  • 上岡 智彦Norihiko KAMIOKA

    東海大学 循環器内科

岩手医科大学

TAVI
Mitral

岩手医科大学附属病院は、北東北の要所として心臓血管外科、循環器内科を合わせたハートチームで、以前より数多くの心疾患の治療にあたっています。これからも患者さんに最善の低侵襲治療を提供するために、新たな治療にも積極的に取り組み、北東北から世界にデータを発信していきます。

img_nakajima

中島 祥文Yoshifumi NAKAJIMA

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral)
岩手医科大学 循環器内科

2005年
東北大学医学部医学科卒業
国立国際医療センター内科研修
2007年
社会福祉法人三井記念病院
2013年
岩手医科大学内科学講座循環器内科分野
2015年
Postdoctoral Scientist, Heart Institute, Cedars-Sinai Medical Center
2017年
岩手医科大学内科学講座循環器内科分野

  • 松本 裕樹Yuki MATSUMOTO

    岩手医科大学 循環器内科

  • 二宮 亮Ryo NINOMIYA

    岩手医科大学 循環器内科

  • 熊谷 亜希子Akiko KUMAGAI

    岩手医科大学 循環器内科

  • 藤原 純平Jumpei FUJIWARA

    岩手医科大学 循環器内科

  • 辻 佳子Keiko TSUJI

    岩手医科大学 循環器内科

聖マリアンナ医科大学

TAVI
Mitral
LAAC

聖マリアンナ医科大学病院は川崎市北部エリアに位置し、小田急線や田園都市線が近くを走り、また東名川崎インターからも近く、川崎市は勿論のこと横浜市や都内からのアクセスも便利です。2016年1月よりTAVIを開始して以降、症例数・治療成績も順調に成長してきました。我々の施設の特徴は画像診断医がチームディレクターとして現場を指揮していることです。正確な診断と、公平な立場からの治療戦略により、TAVIに関わるハートチームだけではなく、他科やコメディカルとも良好な連携を取り治療を進めてまいります。高齢者の多い弁膜症においては併存疾患が多岐にわたり、良好な院内連携によるトータルアプローチはTAVI診療において欠かせません。お困りの方がいらっしゃいましたらいつでもお気軽にご連絡ください。

img_izumo

出雲 昌樹Masaki IZUMO

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
聖マリアンナ医科大学 循環器内科

2004年
聖マリアンナ医科大学医学部 卒業
2010年
聖マリアンナ医科大学大学院医学研究科大学院博士課程修了
2010年
米国 カルフォルニア州 Cedars-Sinai Medical Center留学
2011年
聖マリアンナ医科大学 内科学(循環器内科) 助教
2017年
聖マリアンナ医科大学 内科学(循環器内科) 講師
2020年
聖マリアンナ医科大学 内科学(循環器内科) 准教授

  • 奥山 和明Kazuaki OKUYAMA

    聖マリアンナ医科大学 循環器内科

  • 上嶋 亮Ryo KAMIJIMA

    聖マリアンナ医科大学 循環器内科

  • 桒田 真吾Shingo KUWATA

    聖マリアンナ医科大学 循環器内科

  • 古賀 将史Masashi KOGA

    聖マリアンナ医科大学 循環器内科

  • 貝原 俊樹Toshiki KAIHARA

    聖マリアンナ医科大学 循環器内科

  • 亀島 はる香Haruka KAMESHIMA

    聖マリアンナ医科大学 循環器内科

札幌東徳洲会病院

TAVI
Mitral
LAAC
img_yamasaki

山﨑 和正Kazumasa YAMASAKI

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , Mitral , LAAC)
札幌東徳洲会病院 循環器内科

2007年
旭川医科大学 卒業
2007-2009年
札幌東徳洲会病院 初期臨床研修
2009年
湘南鎌倉総合病院 総合内科
2009-2010年
札幌東徳洲会病院 救急総合診療部
2010-2012年
札幌東徳洲会病院 循環器内科
2012年
札幌徳洲会病院 循環器内科
2013年-
札幌東徳洲会病院 循環器内科

  • 片桐 勇貴Yuki KATAGIRI

    札幌東徳洲会病院 循環器内科

  • 棒田 浩基Hiroki BOTA

    札幌東徳洲会病院 循環器内科

  • 谷 友之Tomoyuki TANI

    札幌東徳洲会病院 循環器内科

筑波メディカルセンター

TAVI

筑波メディカルセンターは茨城県南地域の急性期循環器医療を担っている中核病院の一つです。掛札雄基が慶応義塾大学の林田健太郎先生の下で3年にわたってTAVIを学び、2017年3月から当院でTAVIを開始しました。2018年7月28日、100例目の症例を終えたその日に掛札雄基が急逝するといういまだに受け入れがたい悲劇がありましたが、その悲しみを乗り越えチーム一丸となって、一例一例の症例を丁寧に重ねることで大きく成長して行きたいと考えております。

img_nishina

仁科 秀崇Hidetaka NISHINA

OCEAN-SHD 研究会 / PI (TAVI)
筑波メディカルセンター 循環器内科

1994年
筑波大学医学専門学群卒業
1994-1997年
筑波大学附属病院 内科レジデント
1997-2000年
筑波大学附属病院 循環器内科レジデント
2000-2002年
筑波学園病院 循環器内科
2002-2005年
Clinical Resrch Fellow, Cardiac Imaging, Cedars-Sinai Medical Center, Los Angeles, CA, U.S.A.
2006年
筑波メディカルセンター病院 循環器内科医長
2008年
同診療科長
2020年-
同診療部長

  • 菅野 昭憲Akinori SUGANO

    筑波メディカルセンター 循環器内科

  • 桑山 明宗Akimune KUWAYAMA

    筑波メディカルセンター 循環器内科

済生会熊本病院

TAVI
Mitral
LAAC

2013年12月からTAVIを開始しており現在約260例を施行しております。当院は断らない救急医療をモットーの一つとしており、また現時点の指針として世界基準の病院という目標を掲げております。今回OCEAN-Groupに参加するにあたりTAVIの領域でも世界基準を目指して日々研鑽に励む所存です。

img_suzuyama

鈴山 寛人Hiroto SUZUYAMA

OCEAN-SHD 研究会 / PI (TAVI)
済生会熊本病院 循環器内科

2006年
香川大学医学部卒業
2006-2008年
神戸市立医療センター中央市民病院初期研修
2008-2011年
済生会熊本病院 循環器内科レジデント
2011-2014年
済生会熊本病院 循環器内科 医員
2014年-
済生会熊本病院 循環器内科 主任医員

前後裁断:過去の栄光や将来の憂いを気にすることなく、ただ今のみに心を集中させて日々精進いたします。

img_kodama

兒玉 和久Kazuhisa KODAMA

OCEAN-SHD 研究会 / PI (Mitral)
済生会熊本病院 循環器内科

2004年
佐賀医科大学医学部卒業
2004-2006年
佐賀大学附属病院初期臨床研修医
2006-2009年
済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科 レジデント
2009-2013年
佐賀大学附属病院循環器内科 医員
2013-2014年
済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科 医員
2014-2020年
済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科 主任医員
2020年-
済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科 医長

 

img_okamatsu

岡松 秀治Hideharu OKAMATSU

OCEAN-SHD 研究会 / PI (LAAC)
済生会熊本病院 循環器内科

2004年
広島大学医学部卒業
済生会福岡総合病院 研修医
2006年
済生会熊本病院 心臓血管センター循環器内科 レジデント
2008年
国立循環器病研究センター 心臓内科修練医
2011年
国立循環器病研究センター 心臓内科 不整脈科 専門修練医
2013年
済生会熊本病院 心臓血管センター循環器内科 医員
2015年
済生会熊本病院 心臓血管センター循環器内科 主任医員
2020年
済生会熊本病院 心臓血管センター循環器内科 医長

 

  • 坂本 知浩Tomohiro SAKAMOTO

    済生会熊本病院 循環器内科

  • 堀端 洋子Yoko HORIBATA

    済生会熊本病院 循環器内科

  • 田村 祐大Yudai TAMURA

    済生会熊本病院 循環器内科

  • 神波 裕Yutaka KONAMI

    済生会熊本病院 循環器内科

東京女子医科大学

Mitral

東京女子医科大学病院は、日本でも古くから心臓病の先進的治療に取り組む病院として歴史を重ねて参りました。近年は冠動脈、末梢血管に対するカテーテル治療、弁膜症および先天性疾患に対するカテーテル治療を合わせると、年間1000例を超える治療を行っております。重症大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁置換術(TAVI)は2019年には100例以上を施行しております。また、2018年4月から保険償還となった重症僧帽弁閉鎖不全症に対する経皮的僧帽弁接合不全修復術(MitraClip術)に関しては、国内への導入のための治験施設の一つとしても、早くから密接に関わって参りました。2020年4月現在、すでに50例以上の症例を経験しており、治療後の患者様の日常生活における自覚症状の著明な改善や、重症心不全治療におけるひとつ選択肢として非常に重要な役割を果たすことを実感しております。患者様のお役にたてることはもちろんのこと、世界における日本のカテーテル治療のpresenceの向上のためにも、OCEAN Mitralのデータを論文としてpublishすることで積極的に貢献して参りたいと考えております。何卒よろしくお願い申し上げます。

img_yamaguchi

山口 淳一Junichi YAMAGUCHI

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (Mitral)
東京女子医科大学 循環器内科

1993年
医師免許取得
1993-1995年
東京女子医科大学内科研修医
1996-1998年
埼玉県済生会栗橋病院循環器内科医員
1998-2000年
東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所循環器内科医療練士
2000-2002年
セントエリザベスメディカルセンター(タフツ大学・ボストン)心臓血管研究部門客員研究員
東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所循環器内科助教(兼任)
2000年
医学博士号取得
2002年
東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所循環器内科助教
2002-2003年
埼玉県立循環器・呼吸器病センター循環器内科医長
2004-2007年
東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所循環器内科助教
2007-2009年
NTT東日本関東病院循環器内科
2009年
東京女子医科大学 循環器内科助教
* CCU室長/心臓カテーテル検査室長兼任
2010年-
東京女子医科大学 循環器内科准講師
2011年-
東京女子医科大学 循環器内科医局長
2012年-
東京女子医科大学 循環器内科講師
2018年-
東京女子医科大学 循環器内科 特任教授(低侵襲心血管病治療研究部門)

  • 大槻 尚男Hisao OTSUKI

    東京女子医科大学 循環器内科

  • 田中 一樹Kazuki TANAKA

    東京女子医科大学 循環器内科

  • 稲垣 裕介Yusuke INAGAKI

    東京女子医科大学 循環器内科

  • 齋藤 千紘Chihiro SAITO

    東京女子医科大学 循環器内科

倉敷中央病院

Mitral
LAAC

倉敷中央病院は岡山県倉敷市にある病床数1166床を誇る地域の急性期基幹病院です。心臓病センターは2005年に開設され、「世界基準の最良質の地域医療」を目標に日々の臨床に励んでおります。当院のカテーテル治療の歴史は古く、1982年より冠動脈インターベンションを開始し、弁膜症インターベンションに関しては、2010年の治験段階よりTAVIを、2018年4月よりMitraClipを開始いたしました。経験豊かなハートチームで議論を重ね、患者さん一人一人の最善の治療を行っていきます。

img_kubo

久保 俊介Shunsuke KUBO

OCEAN-SHD 研究会 / PI (Mitral , LAAC)
倉敷中央病院 循環器内科

2008年
神戸大学医学部卒業
2008-2010年
京都桂病院初期研修医
2010-2014年
倉敷中央病院 循環器内科
2014-2016年
Cedars-Sinai Medical Center, Heart Institute, Los Angeles, California, USA
2016年-
倉敷中央病院 循環器内科 副医長

Echocardiographic Interventionalistを目指して精進しています。

  • 宮嶋 啓伍Keigo MIYAJIMA

    倉敷中央病院 循環器内科

  • 岡部 浩哉Koya OKABE

    倉敷中央病院 循環器内科

  • 小野 幸代Sachiyo ONO

    倉敷中央病院 循環器内科

  • 三浦 勝也Katsuya MIURA

    倉敷中央病院 循環器内科

  • 大家 理伸Masanobu OHYA

    倉敷中央病院 循環器内科

  • 茶谷 龍己Ryuki CHATANI

    倉敷中央病院 循環器内科

国立循環器病研究センター

Mitral

国立循環器病研究センターでは、心不全治療の一環として、MitraClip、TAVI、PTMCやPTSMAなど、SHD治療を積極的に行っています。心臓外科や集中治療部も含めたハートチームカンファランスが毎週行われ、豊富な症例経験に基づいた、LVADや移植まで含む包括的な心不全診療が特徴です。また、弁膜症の経食道心エコー件数も多く、SHD治療を志す若い医師の育成にも力を入れています。

img_amaki

天木 誠Makoto AMAKI

OCEAN-SHD 研究会 / PI (Mitral)
国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門心不全科

1999年
東京慈恵会医科大学卒業
1999年
亀田総合病院初期研修
2001年
東京慈恵会医科大学附属病院 循環器内科後期研修
2002年
国立病院機構 東京医療センター 循環器内科 後期研修
2003年
東京慈恵会医科大学附属病院 循環器内科 助教
2004年
国立循環器病センター 心臓血管内科部門 レジデント
2007年
国立循環器病センター 心臓血管内科部門 心不全科専門修練医
2008年
国立循環器病センター 心臓血管内科部門 心不全科スタッフ
2020年
国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 心不全科医長

  • 岡田 厚Atsushi OKADA

    国立循環器病研究センター
    心臓血管内科部門心不全科

  • 木村 晃久Akihisa KIMURA

    国立循環器病研究センター
    心臓血管内科部門心不全科

  • 羽田 佑Tasuku HADA

    国立循環器病研究センター
    心臓血管内科部門心不全科

  • 兼田 浩平Kohei KANETA

    国立循環器病研究センター
    心臓血管内科部門心不全科

三井記念病院

TAVI
Mitral
LAAC

三井記念病院は100年以上歴史がある病院で、古くから循環器内科に力を入れております。 近年注目が集まっている低侵襲なカテーテル治療に早期から参入しており、大動脈弁、僧帽弁のみならず、心房細動による脳梗塞予防のための左心耳閉鎖術など数多くの治療実績があります。 皆少しでも患者さんを良くしようと昼夜問わず治療にあたり、やる気に満ち溢れております。 また、内科や外科のみならず、各診療科の垣根が低いところが特徴で、全科で総合的に治療にあたります。 心疾患でお悩みでしたらお気軽に当院にご相談ください。

img_asami

阿佐美 匡彦Masahiko ASAMI

OCEAN-SHD 研究会 / PI(TAVI , Mitral , LAAC)
三井記念病院 循環器内科

2008年
帝京大学医学部
2008-2010年
三井記念病院 初期臨床研修内科コース
2010-2013年
三井記念病院 循環器内科 後期研修
2013-2015年
三井記念病院 循環器内科 チーフレジデント
2015-2017年
Clinical Research Fellow in Cardiovascular Disease, Swiss Cardiovascular Center Bern Inselspital, Bern University Hospital
2017-2018年
Assistant doctor in Cardiovascular Disease, Swiss Cardiovascular Center Bern Inselspital, Bern University Hospital
2018-2019年
三井記念病院 循環器内科 医員
2019年-現在
三井記念病院 循環器内科 医長

  • 田中 旬Jun TANAKA

    三井記念病院 循環器内科

榊原記念病院

Mitral
LAAC

榊原記念病院は心臓の専門病院で、毎年約1000例以上の心臓手術と200例以上の経カテーテル弁膜症治療を行っています。僧帽弁閉鎖不全症の治療については、MitraClipを用いた低侵襲カテーテル僧帽弁形成術や、低侵襲心臓内視鏡手術(MICS)に力を入れています。 また心房細動の治療については、カテーテルアブレーションを年間700例以上行っており、経カテーテル左心耳閉鎖術も積極的に行っております。 超重症例や高齢者の患者さんの救命はもちろん、皆さんの術後の生活の質をよりよく改善することを目指して、循環器内科、心臓外科、麻酔科、コメディカルから構成されるハートチームで力を合わせて、日々診療を行っています。

img_saji

佐地 真育Mike SAJI

OCEAN-SHD 研究会 / PI(Mitral , LAAC)
榊原記念病院 循環器内科

2004年
東邦大学医学部卒業
2004年
昭和大学病院 初期研修
2006年
榊原記念病院 後期研修
2010年
榊原記念病院 チーフレジデント
2012年
榊原記念病院 医員
2013年
Virginia大学 Research Fellow
2015年
Virginia大学 Structural Interventional Fellow(ECFMG取得後)
2017年
慶応義塾大学大学院
2019年
榊原記念病院 医長

 

  • 泉 佑樹Yuki IZUMI

    榊原記念病院 循環器内科

  • 樋口 亮介Ryosuke HIGUCHI

    榊原記念病院 循環器内科

済生会宇都宮病院

TAVI

済生会宇都宮病院は栃木県の地域医療を担う総合病院になります。慶應義塾大学病院で習得した知識・技術・経験を最大限に活用して、地域医療に貢献できるよう精進しています。 当院では、大動脈弁狭窄症に対するTAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)をより低侵襲(身体への負担を少なくするよう)に行うために、人工呼吸器を用いない麻酔方法で施行したり、可能な限り術前のカテーテル検査を省いたり、サポート器具のためのそけい部(足の付け根)を穿刺しないなど、工夫を行っています。 また、大動脈弁狭窄症に限らず、心臓でお困りの場合には、いつでも当院 循環器内科にお気軽にご相談下さい。

img_yashima

八島 史明Fumiaki YASHIMA

OCEAN-SHD 研究会 / 監事 / PI (TAVI)
済生会宇都宮病院 循環器内科

2008年
慶應義塾大学医学部卒業
横浜市立市民病院 研修医
2010年
慶應義塾大学医学部 内科
2011年
横浜市立市民病院 循環器内科
2012年
慶應義塾大学医学部 循環器内科
2017年-
済生会宇都宮病院 循環器内科

  • 橋詰 賢一Kenichi HASHIZUME

    済生会宇都宮病院 心臓血管外科

  • 上野 耕嗣Koji UENO

    済生会宇都宮病院 循環器内科

  • 池端 幸起Koki IKEBATA

    済生会宇都宮病院 心臓血管外科

  • 大野 昌利Masatoshi OONO

    済生会宇都宮病院 心臓血管外科

  • 西田 裕明Hiroaki NISHIDA

    済生会宇都宮病院 循環器内科

  • 須藤 究Kiwamu SUDO

    済生会宇都宮病院 循環器内科

  • 森 健支Takesi MORI

    済生会宇都宮病院 循環器内科

  • 古瀬 領人Erito HURUSE

    済生会宇都宮病院 循環器内科

近畿大学

TAVI
LAAC

当院は大阪府南東部に位置する中核病院として急性期専門医療を担っています。 TAVIは現在年間約90例のペースで実施しており、増加傾向です。 Sapien, Evolut両シリーズのvalveのproctor資格を有している水谷一輝医師を中心に指導医は3名在籍しており、局所麻酔・鎮静下での至適なTAVIを提供いたします。 緊急はもちろん、遠方の方の受け入れも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください!

img_mizutani

水谷 一輝Kazuki MIZUTANI

OCEAN-SHD 研究会 / 理事 / PI (TAVI , LAAC)
近畿大学 循環器内科

2006年
大阪市立大学医学部卒業
2006-2009年
社会医療法人ベルランド総合病院にて初期研究及び循環器研修
2009-2010年
大阪市立大学医学部附属病院 循環器内科 医員
2010-2014年
大阪市立総合医療センター循環器内科 レジデント
2014-2017年
大阪市立大学医学部附属病院 循環器内科 医員
2017-2020年
大阪市立大学医学部附属病院 循環器内科 病院講師
2020年-
近畿大学病院 循環器内科 医学部講師

好きな言葉:“至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり。”(吉田松陰)

  • 中澤 学Gaku NAKAZAWA

    近畿大学 循環器内科

  • 安田 昌和Masakazu YASUDA

    近畿大学 循環器内科

  • 藤田 晃輔Kosuke FUJITA

    近畿大学 循環器内科

  • 三好 達也Tatsuya MIYOSHI

    近畿大学 循環器内科

  • 副島 奈央子Naoko SOEJIMA

    近畿大学 循環器内科

リサーチアドバイザー

img_otsuka

大塚 俊昭Toshiaki Otsuka

日本医科大学 衛生学公衆衛生学
日本医科大学付属病院 臨床研究総合センター

1995年
日本医科大学 卒業
1995年
日本医科大学 第一内科学教室(循環器内科)
2008年
日本医科大学 衛生学公衆衛生学教室 助教
2009年
同 講師
2012年
同 准教授
2015年
日本医科大学付属病院 臨床研究総合センター センター長(兼務)

縁あって、OCEANファミリーとなっています!

私自身も元々循環器内科医として心カテ、PCIを行っていました。その後進路変更し、循環器疫学、特に循環器予防医学の道を進むとともに、私の所属大学における臨床研究支援部署の設立等にも関わってきました。このような経歴からか、OCEAN-SHD研究会設立メンバーの1人である山本真功先生からお声がけをいただき、OCEANの一員として現在に至っています。

これまでOCEANの一員として、当研究会の組織運営やOCEANレジストリーを利用した臨床研究の計画・実施・統計解析等のアドバイスなど、多少ではありますが私ができうる部分において貢献させていただきました。今後とも、OCEAN-SHD研究会の発展に貢献していきます!

BLOG

OCEAN-SHD研究会の活動記録