TAVI、カテーテル治療の多施設レジストリー研究グループ『OCEAN-SHD研究会』
Optimized CathEter vAlvular iNtervention Structual Heart Disease

facebook

ブログ

OCEAN-SHD研究会ができるまで

2016年12月27日  著者:渡邊雄介  OCEAN-SHD


ocean_161227

「世界に発信できる臨床研究をしよう」

OCEAN-SHD研究会の原型は2012年に遡ります。当時、TAVIを学びにフランスのパリのInstitut Cardiovasculaire Paris Sudに留学していた林田健太郎先生(現、慶應大学)、渡邊雄介(現、帝京大学)、Henri Mondor University Hospitalに留学していた山本真功先生(現、豊橋ハートセンター)により、世界へ発信できる論文を書くという目的のもとパリの2施設でのTAVIの多施設レジストリーを開始したことが始まりです。

当時はPyramid駅近くのStarbucksに集合し、日夜研究ミーティングを行っていました。このレジストリーからはJACCを含む4本の論文*が短期間で発表され、確かな手応えを感じていました。日本に帰ってもこのような前向き多施設レジストリーを作る、という新たな目的が出来たのもこの当時であったと思います。

1.Watanabe Y, Hayashida K, Yamamoto M, Mouillet G, Chevalier B, Oguri A, Dubois-Rande JL, Morice MC, Teiger E, Lefèvre T. Transfemoral Aortic Valve Implantation in Patients with an Annulus Dimension Suitable for Either the Edwards Valve or the CoreValve. Am J Cardiol. 2013 Sep 1;112(5):707-13
2.Yamamoto M, Hayashida K, Mouillet G, Chevalier B, Meguro K, Watanabe Y, Dubois-Rande JL, Morice MC, Lefèvre T, Teiger E. Renal function-based contrast dosing predicts acute kidney injury following transcatheter aortic valve implantation.JACC Cardiovasc Interv. 2013 May;6(5):479-86.
3.Yamamoto M, Hayashida K, Mouillet G, Hovasse T, Chevalier B, Oguri A, Watanabe Y, Dubois-Randé JL, Morice MC, Lefèvre T, Teiger E. Prognostic value of chronic kidney disease after transcatheter aortic valve implantation.J Am Coll Cardiol. 2013 Sep 3;62(10):869-77
4.Yamamoto M, Hayashida K, Watanabe Y, Mouillet G, Hovasse T, Chevalier B, Oguri A, Dubois-Randé JL, Morice MC, Lefèvre T, Teiger E. Effect of Body Mass Index <20 kg/m2 on Events in Patients Who Underwent Transcatheter Aortic Valve Replacement. Am J Cardiol. 2015 Jan 15;115(2):227-33